がんばるパッケージ®で世界の食品をもっと明るく元気にする。

三洋グラビア株式会社

私たちの仕事

> 採用情報 > 私たちの仕事

企画制作部

食品パッケージの専門家
だからこそできるデザインを。

商品の“顔”となるパッケージデザインには、作り手側の想いや伝えるべきことがたくさんあります。
それらはどうすれば正しく、わかりやすく、そして美しく伝えることができるのか。またグラビア印刷では包装材のデザイン設計も専門性が必要となります。
わたしたちは長年様々なノウハウを培ってまいりました。
すべてはお客様の想いをしっかりと「かたち」にするためです。

営業部

こんな袋を作りたい。
こんな機能を持たせたい。
お客様の声を具現化するのが仕事です。

たかが袋、されど袋。パッケージが無いと商品は流通出来ず、消費者の手元に届くこともありません。当社で製造した袋が食品メーカー様で包装され、全国または海外まで中身を保護し、消費者が封を開け、商品を食べきるまで活躍する。
そんな袋を食品メーカー様とともに企画、設計するのが営業の仕事です。

製版部

最新鋭製版システムで
世界最高水準の品質をお届けします。

2種類の製版設備を使用してグラビア印刷に使用する版を製造します。
Herio K500typeG4…グラビア業界では実績、品質共に標準となっている高性能電子彫刻機です。
NEW-FX3…全自動レーザー製版設備

印刷課

世界最高峰の美しいグラビア印刷。

最新鋭のセクショナルドライブ方式を搭載した、9色グラビア輪転機のほか、7色機、8色機の合計3台が稼働。
安全品質はインライン欠点検出器でリアルタイムに徹底管理されており、不良品も渡さない風土を構築しています。
全色水性印刷、油性印刷+水性インキ印刷などの独自のノウハウと生産技術を、特許取得し確立いたしました。
これは有機溶剤の使用量を低減させることを目的とした「環境に配慮したグラビア印刷技術」です。

ラミネート課

フィルムに様々な機能を。

パッケージには内容物を守るという重要な役割があります。
ラミネート課では異なる性質のフィルムを貼り合わせることによって、湿気や酸素を遮断し鮮度を保持したり、紫外線や高温に耐えて内容物を保護するなど、適切な機能を付け加えます。

スリット課

早くて正確な仕事で仕上げます。

広幅のフィルムを進行方向と平行に切り分け、小巻に仕上げ、製袋機や自動包装機での加工に適した状態に仕上げます。
連続微細孔加工を施すことで、易カット性・通気性を付与する事も可能です。

製袋課

ロール状のフィルムから袋へ。
お客様への思いを包む

製袋とはフィルムを引き出し、熱を加え溶着させる等の加工、最後にカットし一枚一枚の袋へと仕上げる工程です。
一概に袋といっても様々な形態の袋があります。
チャックを付けたり折込みをつけたり穴を空けたり…多様化するお客様のご要望に合わせ、繊細な調整を行います。最終工程であるという責任感と、気配り配慮を持って日々の生産に取り組んでいます。

品質保証室

三洋のオールラウンダー

ひとくちに品質保証といっても、その業務内容にはさまざまなものがあります。検査・測定業務や検品のとりまとめから、システムの構築や改善など、幅広い業務を担当しています。
1人で全部をおこなう訳ではなく、それぞれの担当者が適性をもつ自分の役割をおこなうことで、幅広い業務をスピーディーに対応できます。何でも屋さんみたいなところがあるので、仕事の自由度が高い部門だと思います。
他部門との関わりも多い部門です。

業務管理部

営業と製造を繋ぐ。

各製造部門の工程を立案し、製品の納期管理を行っています。
営業からも製造部門からも様々な問い合わせがあるので、コミュニケーションセンターとしての役割でもあります。
短納期の製品などもあるのでレスポンスの良い対応が必要になってきます。

経理本部

経営計画の立案役として迅速な
情報提供で会社を更に強くします。

お金の流れを管理し、一歩先回りの情報提供で経営計画を立案し進捗管理を行なっています。
経理業務の他、労務管理や福利厚生など幅広い業務を担当しています。

物流課

お客様の商品を
大切にお届けします。

多くの工程を経て想いが込められた製品を、お客さまのもとにお届けします。
お客様へ安定してお届けできるように、気持ちよく使っていただけるように、一部の製品ケース表面にはサンプルのシールを貼付し、製品の見える化にも一工夫。